便秘解消のための睡眠法|良質な眠りのために出来ること


便秘の解消のためには良い睡眠が必要です。

腸は精神的な影響をうけやすいのですが
精神的な安定のためには良質な睡眠が欠かせません。

過敏性腸炎の便秘型では腸が小さな刺激でも過敏に反応して
腸がけいれん状態になってしまい便がコロコロになったりします。

本来このような状態になっても脳が抑制するのですが
その肝心の脳も刺激に対して過敏に反応する状態になってしまうと
悪循環になってしまいます。

脳の過敏状態から元の安定した状態に戻すためには
しっかりと睡眠をとる事が必要なんです。

良質な睡眠とは時間とその深さが関係します。

良く8時間睡眠が良いとか言われますが
睡眠時間はその人の最適睡眠時間が有り
色々と試してみないとわからないのです。

ただし統計上は7時間睡眠がいちばん長生きなのは間違いなく
それ以上でもそれ以下でも寿命は短くなります。

特にある程度年齢が高くなると体にとっても
眠る時間が少なくて済むので睡眠時間自体も短くなります。

睡眠サイクルも重要です。

眠りにはレム睡眠とノンレム睡眠があり
それが眠っている間に交互に起こります。

その時間は約1.5時間サイクルと言われていて
眠りは3時間単位が良いとも言われてもいます。

しかしコレも個人差が大きいようで
サイクル時間も少しずつ変えて試してみるしかありません。

およそ3の倍数の6時間を目安にして
サイクル時間が5分長いと感じたら
一サイクルで5分なので6時間睡眠では20分長くなります。

このような感じでもっと細かく時間を調整してみて
朝起きた時や昼間の活動状態が良いと感じたら
その時間があなたの調度良い睡眠サイクルになります。

もちろん体や精神の疲労状態によっても変わるので
あくまでも目安になります。

次に眠りの質についてですが。

眠りの質を上げるには
寝入りばなの睡眠が重要です。

とりあえずこのサイトを見ているということは
パソコンやスマホなどを見ているということなので
モニターを見ていると思います。

このモニターからは光が出ているので
目に刺激を与えます。

この刺激が脳を興奮させてしまい
すんなりと眠るのを邪魔します。

眠る1時間前にはパソコンやテレビのモニターからの
刺激を少なくするために見ないようにしましょう。

部屋の明かりも少し落とすことで
すんなりと眠りにつくことができます。

便秘の解消というと腸の健康や食べ物に気が行きますが
体全体の調子を整えることはとても重要なんです。

そのための一歩としてしっかりとした
質の良い睡眠を取ることをしてください。





これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 06:12│Comments(2)TrackBack(0)clip!解決方法 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ミルミル   2013年03月13日 22:33
この方法は 下痢型の私でも有効ですか?

2. Posted by ポムン   2013年03月13日 23:27
過敏性大腸炎は下痢型も便秘型も自律神経の影響を受けていると考えられます。
良質な睡眠によって自律神経の安定が期待出来ますので効果があると考えます。
私もどちらかと言うと下痢型ですが反対に睡眠がうまく取れないと下痢の症状が出てきます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔