過敏性大腸炎の痛みをすこしでも改善する方法



過敏性腸炎はストレス病と言われてきました
ストレスが原因で腸が過敏になって腸の機能が低下して
下痢や便秘になると

しかし最近の研究ではまず何らかの原因で腸炎がおこり
そこにストレスが加わると症状をひどくする事がわかってきています。

つまり予防にはまずは腸炎にならないようにする必要があります。

腸炎の原因は様々で、細菌やウイルスを始めとして刺激物や冷えなども
原因として考えられます。

思い当たることはすべて遠ざけるしかありません。
そしてひどくする原因のストレスも無くすことが必要です。

これらの対策については様々な事が言われていますが
自分の体の状態を見ながら試していくしかないようです。

薬で一時的に良くなっても根本原因がなくならない限り
症状を繰り返すことになります。


しかし、症状が出た時にその苦しみから
少しでも逃れたいと思うのが人情ですよね。

特に下痢タイプの人の痛みが酷い時は地獄の苦しみです。

私も経験者です。
痛みで気が遠くなったり便器に座っていることもできなくて
そのままトイレの床に倒れたことも何度もあります。

それなのに下痢便が出きってしまうと嘘のように痛みがなくなります。


この状態を何とかしたいと色々な試行錯誤をして来ました。
そしてひとつの結論に到達しています。

過敏性腸炎の痛みは
腸が異常収縮しているために起こっていると考えられます。

腸は筋肉で出来ているので足がつった時のように
収縮と弛緩のバランスが上手く行かなくなって
腸がずっと収縮している状態になるのです。

そこに別の腸を絞りだす動きが加わって
絞り出そうとしているのに異常収縮した腸が
行く手をはばんでいる状態なんです。

異常収縮が消えると便が出るので
嘘のように痛みが解消します。


つまり異常収縮を解消することが
痛みの解消につながります。

方法の一つは心臓のショック療法のように
腸に強い刺激を与えることです。

強い刺激で腸を弛緩させます。

腸に直接刺激を与えるのは難しいので
その近辺に強い刺激を与えます。

私がやっていたのはおへその下辺をつねることです。
つねった痛みでショック療法をするのです。

さらに強い刺激として輪ゴムを使うことも有りました。
輪ゴムでビシっと刺激するのです。

このショック療法はそれほど痛みが強くない場合には
効果が有りました。

しかし、ほんとうに痛みが強い時には効果なしです。(泣)


次に試したのが強い刺激ではなく腸を振動させて
小さな刺激を断続的に与えることです。



これが本命の方法です。(笑)

これもお腹を外からマッサージしたり様々な方法を試しましたが
呼吸法が一番有効でした。

腹式呼吸で横隔膜を上げ下げすることで
腹腔内の腸を揺らして刺激を断続的に与えます。

筋肉痛の時に筋肉を揺らしてマッサージするのと同じです。
うまくいくと異常収縮した腸をユルメルことができます。

さらに、これを普段でも行うと
痛みがひどくなるのを予防することもできます。


ただ、この腸を動かす腹式呼吸は
色々な条件を揃えないとうまくいかないのです。

お腹を膨らましたり凹ましたりするのが腹式呼吸と思っている人は
うまくいきません。

お腹が膨らむと腸への刺激が逃げてしまうのです。

お腹が膨らまないようにして横隔膜を大きく動かさないと
腸を揺らすことが出来ないのです。

しかしお腹が膨らまないようにお腹に力を入れてしまうと
逆効果で痛みがひどくなってしまいます。

お腹の力を抜きながらも
お腹が膨らまない方法を紹介します。

お腹が痛いときはどうしても前かがみになってしまいます。
この状態はお腹を膨らましている状態と同じなので良くない姿勢です。

そこで背筋を伸ばした真っ直ぐな姿勢になってください。

しかしこれでも痛みのためにお腹に力が入ってしまいます。
この力を抜くために有ることをします。

それは便器に両手をついておしりを浮かせるのです。
体は出来るだけ起こして背筋を伸ばします。

この姿勢を取ることでお腹が凹んだまま
お腹の力を抜くことができます。

溜息をつくように大きく息を吐きだすと
さらにお腹の緊張を緩めることができます。

この状態になるだけでもかなり痛みの解消ができると思います。
さらに早く腹式呼吸をすることで腸を揺らすことができます。

うまくいけば痛みから開放されます。

すこし練習が必要かもしれませんが
この姿勢は別の症状の解消にも役立ちます。

下痢が続くと痔の痛みがひどくなると思います。
この姿勢で排便すると少しですが痔の痛みを解消出来ます。

洋式トイレは肛門が広がって
痔になりやすいのですがこれも解消出来るので
痔の予防にもなります。


便秘で便が出にくい時も
この姿勢だと効果的に腹圧をかけることができるので
強くいきまなくても出すことができます。


最近このサイトはGoogleに嫌われてアクセスがほとんどありません。
なので今まで一部の人にしかお伝えしていなかったノウハウを
色々と書いてみました。

見つけた人はラッキーですよ。
ぜひお試しくださいね。






これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ミルミル   2013年01月21日 19:26

記事有り難うございます。

前屈みは良くないんですね!ずっと前屈みで 痛みが去るのを待ってました…
呼吸法も私の場合は 陣痛の痛み逃しの呼吸法をしてました…
痛みが来たらこの記事を教科書にして頑張ってみます!

2. Posted by ミルミル   2013年01月22日 11:34

記事アップ有り難うございます。

前屈みは良くないのですね!
私は、ずっと前屈みで痛みを耐えてました…
呼吸法も勉強になりました!
私の場合は 陣痛の痛み逃しの呼吸法をしてました(笑)
あれも意外と楽になるんですよ(笑)
呼吸法をしながら、自分のお腹に(大丈夫、大丈夫)とさすりながら なだめてました(笑)

勉強になりました!
また 痛くなったらここに来て 頑張ります!
有り難うございました。

因みに、今 ヤクルト400とミルミルを1日一本飲んでますが 続けた方がお腹には良いですよね?
私には合っているのか 飲みだしてから下痢の回数も減りました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔