便秘を解消する方法:モチリンを活性化する



便秘になる原因は様々なのでその対策も様々です。

今回は便が出るために腸がどうやって動くのかを考えての対策です。


腸が動くのは様々な要因があるのですが
その1つが消化管ホルモンのひとつモチリンです。

このホルモンが分泌されると腸が活性化されます。


このモチリンは空腹時に分泌されます。

食事をしてから消化が終わるのは大体8時間以上かかります。

つまり食後8時間以上たたないとモチリンは分泌されないのです。


普通3食食事をされている方は
5時間〜6時間の間隔で食事をしていると思います。
朝食7時 昼食12時だと5時間ですよね。
それから夕食を18時にとると6時間です。

そうすると空腹になるまえに
習慣的に食事をしている人も多いのでは無いでしょうか?

お腹は空いていても
まだモチリンが十分分泌されていないかも知れません。

そうなると腸の動きが弱くなっているかも知れません。


便秘になりやすい食生活になっているかもしれませんよ。


ここで勘のいい人は気づきますよね。

「夕食後、翌朝の7時までは12時間空くぞ」 と


そうなんです、この時間は便秘の人には重要な時間なんです。
寝て起きたときが一番モチリンが分泌されやすいのです。


「朝が排便の時間である」理由の1つですね。


つまり対策はの1つは
しっかりと空腹時間を作ると言うことになります。


夜食が良くない理由がわかりますね。


そして、このモチリンの分泌を促進する物質が有ります。


それが、
ジンゲロールとカテキンです。


ジンゲロールはショウガに含まれる成分です。
カテキンはお茶に含まれますね。


この2つを積極的にとることでモチリンの分泌が促されて
腸の動きを活発にできます。


空腹時間をしっかりととる。
モチリンが分泌されている朝にショウガとお茶を摂る。


これで、腸の動きが促進され便秘解消に役立ちます。







これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 20:43│Comments(0)TrackBack(0)clip!便秘 | 解決方法

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔