おならが出るけどうんちが出ない便秘


おならが出るけどうんちが出ない便秘があります。


なんとなく便意があるのでトイレにいくと
おならが出る。

次にうんちが出るのかなーと待ってみても
便意もなくなってしまう。

がんばって気張っても出てこない。


こんな便秘の人がいます。


このような便秘の人には思いもかけない様な
理由が隠れていることがあります。



それは、肛門が嫌がっているのです。



肛門は体の中でもすごく敏感な場所です。

肛門は出てくるのが
便なのかおならなのかがわかるのです。


時には間違いますがちゃんとわかって
あることをしています。


それは肛門の開き具合を調整しているのです。


便なら大きく開くようにして
おならならそれほど広げません。

それで十分通過できるからです。


おならと便はほとんど同時に出ないですよね。

それは肛門が調整しているからなんです。



さてこの調整機能ですが
できるだけ省力化しようとします。

肛門をあまり開かなくてすむなら
そうしようとするのです。


おならがよく出ると
またおならだからちょっとだけにしようとするのです。


そうすると次にうんちが出そうになっても
ちゃんと開くことをサボってしまいます。

結果としてうんちが出にくくなります。


これが何回も起こると便秘になってしまうことがあるのです。



おならは便の隙間を通って移動しやすいので
おならだけが出やすくなりこの状態になってしまうと
なかなか改善できなくなります。

また便秘だからと野菜やヨーグルトをたべると
これらはガスを作りやすいのでさらにおならだけが出る便秘になります。


この悪循環を抜け出すには



肛門を目覚めさせる必要があります。

うんこを出して肛門にうんこが通る時の感覚を
思い出してもらうのです。

このような状況をほったらかしてはダメです。

この場合は便秘薬を利用しましょう。
便秘薬をつかってでも出す事が必要なんです。

ただしこの場合は便がしっかりとした塊で
出てもらう必要があります。

浣腸や腸内に水分を増やすタイプの便秘薬では
便が柔らかくなってしまい
逆効果になるので注意が必要です。

出せば良いわけではないのです。

便が溜まってちょうの動きが悪くなているので
それを活性化させて便を押し出すタイプの下剤が良いです。

塊の便が肛門を広げることが重要になります。

肛門が思い出したら
便が来た時にスムーズに開いて
うんちが出やすくなり
それがまた次の排便を楽にします。


快食快便が快便を促すのです。




これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 20:42│Comments(0)TrackBack(0)clip!便秘 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔