腸の検査でアレルギーショックが起こるかも


腸の検査でアレルギーが起こるか?


沖縄のダイバーの方がオニヒトデに刺されて死亡したそうです。


司法解剖の結果、急性アレルギー反応のアナフィラキシーショックを
起こしていたと明らかになりました。



腸の検査でも同じ様なことが起こる可能性が有ります。


そもそもアレルギーは誰でもいつでも起こる可能性が有ります。

大腸の検査で使われる薬剤はもちろん
使われる器具でもアレルギーが起こる可能性が有るのです。


しかし、通常は死亡するほど酷い状況にはなりません。



今回の事故では、なぜ死亡するほど酷い状況になったかというと。




実はこの方は昨年の10月ごろにも一度オニヒトデに刺されているのです。


おそらくその時はそれほどたいしたことが無かったために
今回のオニヒトデに対しても警戒がゆるかったのかも知れません。



アレルギーは二度目に起こったときに非常に激しく体が反応することがあります。


一度目で出来た抗体が二度目に過剰に反応して
アナフィラキーショックという今回のように
死に直結するような激しいショック状態になるのです。

有名なところでは蜂に刺されてアナフィラキーショックを起こして
死亡する例がありますね。



もし何らかのアレルギーを起こしたことがある人は
必ず検査前にそのことを伝えてくださいね。


アレルギーが起こるとは限らないですが
検査をする方は心づもりが必要ですからね。


もし起こったとき迅速に対応できるかが
生死を分けることがあるのです。








これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 19:53│Comments(0)TrackBack(0)clip!腸の検査 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔