病院で一番に行われる腸の症状に対する対処療法を紹介します。


病院で一番に行われる腸の症状に対する対処療法を紹介します。

それは、絶食をすることです。

すべての栄養と水分を点滴から補給して口からは一切何も入れません。

内臓疾患の治療には、まず絶食なんです。

水でも腸に入れば負担になります、内臓を休ませるために絶食をして
時間稼ぎをします。

何の時間かと言えば、自分の体が自分の内臓を修復する時間です。
病院では医者が病気を治療していると言うのですが、
実際に体を治しているのは患者自身なんです。

病院ではその患者自身の自然治癒力の手助けをしているに過ぎないのです。

例えば腸が何らかの原因で通過傷害を起こしたときは
昔なら手術をして悪い場所を(詰まっている場所)を
切って取り除く事が多く行われていました。

ところが、手術をするとそれが原因でまた腸が詰まってしまうことが
多かったのです。

反対に、しばらく様子を見るだけで治る人も多くいました。

その為、現在ではまずイレウスチューブという長い管を
腸の詰まったところ近くまで入れます。
そして、そこに有る未消化の食べ物をチューブを介して外に出すことで、
腸にかかる負担を少なくして、後は自然治癒力に任せる事が
主流になっているのです。

これで多くの人が手術無しで回復しています。

ちょっと意地悪な言い方をすると
「病気を治すのは神様、お金を取るのは医者」と言うことです。


そこで、家庭で手軽に出来る腸の治療の一つも絶食です。

腸の調子が悪くなったら腸の負担を軽くするために絶食するのです。

しかし、単純に何も食べないと普段からカロリーの摂取量が足りない人は
一気に体力が無くなってしまい余計にしんどくなってしまいます。

そこで、やはり最初は消化の良いおかゆやうどん等でカロリーを確保しながら
内臓への負担を無くすのではなく減らす方法がよいでしょう。

絶食は調子が悪いときにいきなり行うのではなくて
調子が良いときに時々行うことで腸の負担を軽くして
悪くならないようにする方が効果的ですね。






これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔