腸内ガスを移動させるコツ


腸内ガスを移動させるためにはコツが必要です。
基本的に空気は軽いので上に溜まります、そして便や水分は下に溜まります。

しかし腸は複雑な構造をしているため、理屈道理には行きません。

腸の形は無料レポートを参考にして下さい。
【無料レポート配信中】
『名医が知らない腸のゆがみをとる方法 基礎編』

また、蠕動を始め様々な動きによって腸内のガスは移動します。

体の位置を変えたり腸をマッサージすることで一時的にガスを移動することが出来るのですが、直ぐに元に戻ってしまいなかなか思い道理に動かすことは難しいです。

これはもちろん大腸の検査の時でも同じです。

そこで大腸の検査の時に腸内のガスを移動させるテクニックを応用して腸内のガスを移動させるコツをお教えします。

基本的には立った状態で行います。
腸内ガスは基本的には上に上に移動します、しかし腸は曲がりくねっているのでその曲がった場所で止まってしまいます。

その止まってしまう場所で腸を刺激するとうまくガスが移動するのです。

その場所とは肝湾曲と脾湾曲と言われる場所です、詳しくは無料レポートを読んで下さい。
【無料レポート配信中】
『名医が知らない腸のゆがみをとる方法 基礎編』

その場所を刺激します、要するに押さえます。
押さえるコツは手のひら全体でゆっくりと押さえ込むようにします。

そして一番大事なコツは
押さえたまま動かさずにしばらくじっとしておくことです。


そうすることで曲がった部分に隙間が出来てガスが移動しやすくなるのです。もむようにしたり直ぐに離してしまうと少しだけ出来た隙間が直ぐに塞がってしまいます。
また同時に蠕動も起こるためその瞬間だけ隙間が出来ることがあります、もんでしまったり直ぐに動かすとそのチャンスを逃してしまいます。

押さえたらしばらくそのままです。

順番は肝湾曲を押さえたら横行結腸にそってずらすように動かして、それから脾湾曲を押さえます。

押さえてみると分かりますが、不思議なことに押さえた場所以外の場所のガスが動いていくのが分かります。

お腹にガスが溜まって気持ち悪いときにやって見て下さい。

ただし、痛みがある場合は止めましょう!






これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔