大腸ファイバー検査のリスク


大腸ファイバー検査は今では大腸の検査の主流です。
それ故に、どこの病院でも行うようになってきています。

しかし、当然?ながらかなりの技術を必要とする検査なので、
病院によってあるいは、ドクターによって、検査の内容がかなり違ってきます。

最近のTVに出てくるような名医では、大腸の端から端まで挿入するのに5分程度で出来ると言われています。
しかし、普通のドクターでは10分から20分ぐらいかかるのでは無いでしょうか。
そして、普通でない?ドクターではもっと時間がかかります。

しかし時間が早いだけで、見落としが有るようでは困るので、
早いほうが良いですが、15分ぐらいなら良いのでは無いでしょうか。

また、人の腸は実に様々な長さや走行をしているので、
患者の個人差も大きいです。

問題は、挿入時の痛みです!

腸には痛覚が無いので、本当は痛くないはずなんですが、
挿入時に腸管が伸ばされると痛みが起こるようです。

しかも、痛みが起こっているときには、腸管を傷つけたり、
最悪は腸を破ってしまうことも有ります。

最近では、最悪の事態は少なくなってきましたが、
以前は大腸ファイバーで腸管を破る確率は2000分の1〜2件と言われていました。

通常のドクターが一生に行うのが2000件程度と言われていて、
つまり、各ドクターが一生に一回ぐらいは検査中に腸管を破ってしまうと言われていたのです。

さすがに現在では、装置も良くなり技術も上がっているので、
そこまで酷いことは無いでしょうが、可能性としては有ることなんです。

痛みの解消の為に、名医は技術で対応しますが、
普通のドクターは麻酔を使います。
検査中に軽い麻酔をかけて、痛みを分からなくして検査をするのです。

ただし痛みはどこかに無理がかかっている目安にもなるので、
完全に眠らせての検査は反対に危険になる事もあります。

大腸ファイバー検査は技量の差が大きく出る検査です。





これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 勉強中   2011年10月09日 17:27
1 君のブログの内容を主治医である消化器内科の学会の評議員であり内視鏡の指導医に紹介したところ、激怒していました。腸のゆがみについてはとても詳しい人です。内視鏡のリスクは約20年頃から新聞記事のトップに掲載されていましたが、その内容と全く同じであるレベルに驚きました。腸の状態が思わしくない時は内視鏡による検査を中止します。君は腸の自然回復力について絶食療法を薦めていますが、絶食療法は非常に危険です。リスクばかりを強調して患者さんが適切でない絶食療法を行い、増悪した場合、誰が責任を負うのですか?君は誰ですか?医師免許を取得したならば、リスクばかり強調して医師が金を取り治療は患者が行うという、まじめな医師が激怒する内容はいかがかと思います。堂々と消化器病学会などで主張してはいかがですか?ブログで述べている君の見解は通るでしょうか?
2. Posted by ポムン   2011年10月09日 23:32
コメントありがとうございます。

どの様な内容で激怒したのかは分かりませんが、もちろん学会でしっかりと教育を受けたドクターは昔とは違います。
しかし実際にはその様なドクターだけではありませんし、全体でのリスクは確かに減っているでしょうが、一人一人の患者様にとっては検査するドクターしだいなのでリスクは考える必要が有ります。

また、このブログは腸の話題について色々と取り上げているもので、特に絶食療法を勧めているわけではありません。

病院へ行っても大腸ファイバーを受けても症状の改善しない患者様は沢山います。

その様な患者様は少しでも自分の症状を何とかしたいと思っています。
また、病院や医者に対して不信感を持っているのです。

その様な方達に少しでもお役に立てれば幸いです。


> 君のブログの内容を主治医である消化器内科の学会の評議員であり内視鏡の指導医に紹介したところ、激怒していました。
腸のゆがみについてはとても詳しい人です。内視鏡のリスクは約20年頃から新聞記事のトップに掲載されていましたが、その内容と全く同じであるレベルに驚きました。腸の状態が思わしくない時は内視鏡による検査を中止します。君は腸の自然回復力について絶食療法を薦めていますが、絶食療法は非常に危険です。リスクばかりを強調して患者さんが適切でない絶食療法を行い、増悪した場合、誰が責任を負うのですか?君は誰ですか?医師免許を取得したならば、リスクばかり強調して医師が金を取り治療は患者が行うという、まじめな医師が激怒する内容はいかがかと思います。堂々と消化器病学会などで主張してはいかがですか?ブログで述べている君の見解は通るでしょうか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔