足つぼと腸の病気


足つぼと腸の病気

以前肺炎になった事があります
その時に足の裏にある反射区と言われる部分で肺に関係する場所を押さえたらものすごく痛かったです

良くテレビで芸人が罰ゲームで足つぼを刺激されて
痛みでもだえ苦しむ様を見た事があるかもしれません。
あれはそれこそリアクション芸人のオーバーなリアクションでしかないと思っていたのですが

痛かったです
かなり痛くてそれも強く押さえなくても
ちょっと押さえるだけでものすごく痛かったです

あーやっぱりそんなことがあるんだなーなんて思いました

腸の病気でもそれに反応する反射区はあります
大体足の裏のカカトと足の境目付近に腸の反射区があるのですが
土踏まずのすこし踵よりです

反射区の理屈は


体の不調に合わせるように手足のそれぞれに対応する場所に何らかの反応が出てくると言うものです
そして逆に足のある部分が痛かったりするとその部分に対応する臓器に異常がある可能性が高くなるというものです。

そしてその逆の発想として
足の各臓器に対応する場所がわかれば
そこを刺激する事で対応する臓器に影響を与える事が出来るのです

足の裏が痛くなりやすい人は結構いますね
それが反射区による対応反応なのか

単なる足の疲れなのかを見極めるのが難しそうです

腸の反射区の部分は足の中でも疲れやすくて炎症を起こし痛くなりやすい部分があります
足低版といわれる薄い筋肉の一つです

その筋肉の付け根が踵の付近にあって
そこが痛みやすいのです

でもそんなに歩いたわけでもなく
足の裏が痛く感じる時は

腸の症状を足の反射区が教えてくれているのかもしれません

そんな時はその部分をゆっくりと押すようにマッサージしてみて下さい
腸に良い刺激が与えられるかもしれません

でもこの反射区と足つぼは実は全く違うものだそうです
でもやる事は刺激する事であり
ツボの効果と反射区の場所はとても似通っているのであまり気にせずに
大体の場所を刺激すればよいでしょう

足つぼ

病気 - livedoor Blog 共通テーマ




これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 13:59│Comments(0)TrackBack(0)clip!解決方法 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔