便がウサギの糞状でコロコロしている


便がウサギの糞状でコロコロしている

便の形で特徴的なのがウサギの糞状でコロコロしたものです
実際にウサギの糞を見たことある人がどれくらいいるのかわかりませんが

形はほぼ真ん丸で黒っぽいです

それがぽろぽろと何個も続けて出てきます

時には一見普通の便のように出てくるのですが
小さな塊の集合体のような形のものが出てきたりします

この便は過敏性腸症候群の時に特徴的な便の形の一つです

過敏性腸症候群は下痢症状の場合が良く言われますが
じつは便秘にもなります

便秘と下痢を繰り返すタイプの人もいます
自分は過敏で下痢になると思っている人でも

実際には下痢でないときに実はそれが普通の状態ではなくて
便秘状態なのかもしれません

この様になる
原因ははっきりとは分かっていません

しかし過敏性腸症候群の方の特徴的な症状です

過敏性腸症候群の方は腸の蠕動が異常に起きていると思われます
特にS上結腸辺りは自律神経の影響を受けやすいのです

緊張やまた起こるのではないかと言う恐れなどで
自律神経がうまく働かなくなり

蠕動が無秩序に起きているのでしょう



蠕動が起こると腸の一部が細くなります
その時一定の塊の便が有るとどんどんと分断されてしまうのです

それが幾度となく起こると
便が小さな塊になります
小さな塊になると
中の水分が放出されやすくなり
硬くなるのでしょう
それがコロコロうんこの正体です

もしその時に中の便が有る程度の形になっていなかったら
どんどんと押し出されるだけになります

押し出される先は直腸です
直腸に便がやって来ると
排便信号が発信されてトイレに行きたくなります

もしこの時でも有る程度の塊の便であれば
我慢できます

しかし柔らかい下利便だったら
もう我慢することは出来ません

あの過敏性腸症候群の下痢タイプの特徴である
もう近くにトイレがなかったら動くことが出来ない
それほど急激な痛みでトイレに駆け込むことになります

つまり下痢もコロコロうんこも
激しい蠕動のせいなのです

それを少しでも解消できないか?

これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【無料レポート配信中】
『名医が知らない腸のゆがみをとる方法 基礎編』

病気 - livedoor Blog 共通テーマ




これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 15:04│Comments(0)TrackBack(0)clip!関連症状 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔