アカラシアとは


アカラシアとは

食道の正常な推進的蠕動運動と,噴門の弛緩現象の欠如によって,嚥下困難をきたす疾患です

中枢説,迷走神経説,筋障害説などがりますが1672年,Willisが本症を最初に記載して以来,病因は現在なお不明です

アカラシア
の主要症状は嚥下障害です,
最初は間欠的で,その後持続的になります.

初発時には胸のつかえ感,心窩部膨満感などを訴えますが,次第に嚥下困難,嘔吐がみられるようになります

就寝時に,食道内容物が逆流し気道に入り咳嗽が起こることもあります

診断の確定は食道造影 X線検査によりされます
非常に特徴的な画像です
食道は通常ほとんど真っ直ぐな管ですが
アカラシアでは胃の入り口を頂点にした逆三角形になっています


アカラシアの治療は,
一般的治療として,規則正しい食事,よく噛む,少しずつ嚥下する,時間をかけて食事する,就寝前の食事は避けるなどです

精神的緊張やストレスが症状の増悪に関与するといわれており,精神的安静を保つための精神療法や精神安定薬の投与が試みられています

癌の合併は 2〜7%と報告されており,定期的内視鏡検査が必要があるでしょう.

最近の食道内圧,食道筋電図的研究により,アカラシアにおいて食道全体の正常な蠕動運動の欠如と,
嚥下に際しての下部食道括約部の反射的弛緩の欠如が証明されていて、
アカラシア(無弛緩症)の名称が近年最もよく用いられています.

これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【無料レポート配信中】
『名医が知らない腸のゆがみをとる方法 基礎編』


健康 - livedoor Blog 共通テーマ




これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 23:54│Comments(0)TrackBack(0)clip!腸の病気 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔