消化管アレルギーとは


消化管アレルギーとは

抗原曝露により感作された消化管にアナフィラキシーなどの過敏性反応が生じるものをいう
わが国では牛乳、鶏卵、大豆が“3大アレルゲン”といわれ、そのほか小麦やそば粉、魚肉、獣肉、果実などでも起こりうる。一方、欧米ではわが国と異なり、柑橘類が多いといわれている。
食物の中に含まれている抗原が肥満細胞の表面に存在する IgE抗体と抗原抗体反応を起こし、肥満細胞が脱顆粒をきたしてヒスタミンやセロトニンなどの化学伝達物質が遊離し、血管透過性の亢進、血管の拡張、平滑筋の収縮、好酸球増加などが生じる。

要するに、食べたものがアレルギーの元になっていろんな症状が出ることです
特に牛乳、鶏卵、大豆が3大アレルゲンといわれ悪玉三兄弟です
その他ではそばアレルギーなんかはよく聞くと思いますが
上にもあるように果実にもアレルギーを起こすのです
欧米では柑橘類が多いなんてほとんど知られていませんよね
どんな食べ物でもアレルギーは起こる可能性が有ると言われていても、果物は何となく大丈夫な気がしてしまいますよね、要注意です

特に消化管アレルギーの主な症状は、

腹部膨満感、心窩部不快感、腹痛、嘔吐が出現するほか、口内のそう痒感、口唇の腫脹、じんま疹、喘息様症状が認められることもあります。

その特徴は、
原因となる食物を摂取した際、短時間(数分〜数十分)に症状が出現することです

しかし本当にアレルギーによるものかを調べるのは結構大変です
一つずつ疑いがある食べ物を食べた時、食べなかった時に症状が出るのか又それが必ずくり返されるのかを調べていきます
花粉症などでは皮膚に原因物質を貼って調べることが出来ますが
よっぽど激しいアレルギー反応が有る時は別ですが、いちいち食べなければいけないのは本当に大変です
X線検査でバリウムの中にアレルゲンを入れて検査をすると胃の緊張低下や拡張のほか、小腸や大腸の著しい緊張亢進や収縮、粘膜浮腫などが認められ、本疾患の診断のうえで参考となります

頻度としては
小児の3%程度にみられるようです

治療はアレルゲンが特定出来ればそれを食べないようにする事です
薬物療法では抗ヒスタミン薬が有効で、好酸球性胃腸炎や重症例に対しては副腎皮質ステロイドを用います

これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【無料レポート配信中】
『名医が知らない腸のゆがみをとる方法 基礎編』



病気 - livedoor Blog 共通テーマ




これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 23:41│Comments(0)TrackBack(0)clip!腸の病気 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔