腸が痛いのは腸の病気?


腸が痛いのは腸の病気?

腸が痛いという人がいます
お腹が痛いとは言わずに腸が痛いと言うのです

どうして腸が痛いと思うのでしょうか?
場所が腸の場所だから?
でもお腹のどの部分に腸があるのかをちゃんと知っている人はどれくらいいるのでしょう?

腸はお腹の全体にあります
他の臓器である胃、肝臓、すい臓、脾臓、腎臓、などほとんどの臓器とも重なり合ったり隣り合わせであるので
それぞれの臓器の異常があった時にも腸の場所?が異常を感じるでしょう

そもそも内臓には痛覚がほとんどありません

でも内臓が痛いと表現されるし
実際腹膜炎を起こすとお腹がぱんぱんに膨れて激しい痛みを訴えます
よくある尿管結石でもお腹が痛いと訴えたり背中が痛いと訴えたり
盲腸炎の時にも最初は胃が痛いと訴える人も多くいます

何故こんな事が起こるのでしょう?

内臓には痛みを感じる神経が少ないのでその信号は脊椎へ伝わります
脊椎へたどり着いた信号はその近辺にある他の神経にも信号を与えるのです
そうするとその神経も刺激されてそこに関係する場所に同じような信号を伝えます、つまり「痛い」という信号です
その信号が脳に伝えられて痛いと感じます

その為に盲腸炎で盲腸が痛いのに近くに神経があった胃が反応してしまい
胃が痛いとなるのです



■■■健康/美容/ダイエット■■■ - livedoor Blog 共通テーマ




これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 22:34│Comments(0)TrackBack(0)clip!腸の病気 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔