人間ドックの検査項目で腸に関係するのは?2


人間ドックの検査項目で腸に関係するのは?2

ところで
腸のドックはどうでしょう?
大腸癌の発生率はどんどんと上がってきて
死因の上位を占めるようになっています
だから腸の検査を受けたがっている人は多いのですが

腸の検査で一番多く行われている
大腸ファイバーはドックの検査の中でも一番大変な部類です
前処置もプラスチックの味の下剤を2リットルも飲まなくては行けないし
何度もトイレに行くことはすごい負担です
検査自体も他のドックの検査が非侵襲性な検査(身体に負担が少ない)が多いのに
大腸ファイバーはかなりしんどいです

もっと楽な腸の検査はないのか?
いくつか出てきています
一つはカプセルロボット検査です
小さなカプセルを飲み込んでそこに内蔵されたカメラで腸の中を撮影するものです
今まで有効な検査方法が無かった小腸の検査で威力を発揮しています
しかし大腸の検査には今のところあまり向いていないようです

バーチャルエンドスコピーCT
CT装置を使って大腸のデーターを収集して
そのデーターからバーチャル(擬似的)に腸の内腔の中の画像を作り出して
その中をあたかも大腸ファイバー検査をしているように見ることが出来る検査です
これもうまくいくとかなり本物に近い画像が出来ますが
現状では大腸に空気を入れたりX線の被ばくが多いなどの問題が多くあって
検診で使えるほどのレベルにはなっていません
しかし実際の大腸ファイバーに比べればはるかに楽な検査なのでこれからの発展に期待しています

もうちょっとつづく・・・





これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 22:05│Comments(0)TrackBack(0)clip!腸の検査 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔