ピロリ菌について新しい事


ピロリ菌について新しい事が載っていたので記録しておきます

ピロリ菌の除去には3剤療法が標準です
胃酸の分泌を押さえる プロトンポンプ阻害剤
抗生物質の アモキシシリンとクラリスロマイシン
の3剤を併用するものです

しかしクラリスロマイシンは耐性菌が多くピロリ菌の3割が耐性があります

結局2剤しか効かないことになり、除菌が成功するのは7割程度になります

ピロリ菌が胃の粘膜を傷つけるメカニズムは
ピロリ菌が人の身体に入ると、胃の上皮に付着する
上皮からは、身体の防御に関する「インターロイキン8」という糖タンパク質がでて、
白血球の一種、好中球を呼び寄せて、そこから出る毒性の強い活性酸素によってピロリ菌を殺そうとする。
しかしピロリ菌は粘液の中に潜んでいて、その影響を受けずに生き残る。
逆に活性酸素の毒素が胃の粘膜を傷つけてしまう。

胃潰瘍の7割、十二指腸潰瘍の9割はピロリ菌に起因する。

3剤療法では7割の除菌率だが
これにある物を追加すると8割に
さらにある物を追加すると8.5割に上がるそうである

そのあるものとは
TVの宣伝でおなじみのLG21ヨーグルトと
胃の粘膜の防御機能を増強する薬品のブラウノトールです

薬剤のブラウノトールは医者にしか出来ませんが
LG21ヨーグルトならだれでも手に入ります

これからピロリ菌の除菌を行う人は
LG21ヨーグルトを一緒に食べましょう

除菌の可能性が上がるのならば絶対に試す価値があると思います

また抗生物質は飲むと下痢を起こすことが少なくありません
しかしLG21ヨーグルトは整腸作用もあり下痢の予防にもなるそうです





これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 21:37│Comments(0)TrackBack(0)clip!関連症状 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔