腸のガスが入りすぎるとどうなるか?


腸のガスが入りすぎるとどうなるか?

腸は柔らかい臓器です
フニャフニャです

腸の中に一杯にガスを入れるとその直径は10cmぐらいになります

大腸の検査を始めたばかりの新人がやってしまう失敗の一つがガスを入れすぎる事です

腸は中身がない時にはぺっちゃりとつぶれています
そのままでは腸の内空が見えません

その為に中に空気を入れて見やすくするのですが
新人はその加減がわからないので
入れ過ぎてしまうのです

検査中に見える画面の広さは余り大きくないので
全体像を把握できません

ガスを入れすぎて腸が10cmになってしまうと
何が映っているのかさっぱりわからなくなります

これはバリウムを使った注腸検査でも
大腸ファイバー検査でも同じです

特に大腸ファイバーでは腸管を膨らましてトンネルのようにしたら
ファイバーが簡単に入るような気がするので
どんどん空気を入れて膨らましてしまいます

目の前にはトンネルのような空間が見えるのですが
ファイバーは全然前に進まなくなります

引っかかる場所が無くなるので
進まなくなるのです

そして腸が膨らむとお腹の中が腸のガスで一杯になってしまい
腸も身動きできなくなります

もうどうする事も出来なくなります

ガスを抜けば良いと思うでしょうが
抜けません

注腸検査では空気を出し入れできるのは
直腸までです
腸の奥の方に入ったガスはほとんど抜く事が出来ません

大腸ファイバーでもファイバーより奥に入ってしまったガスは
そこまで行かなければガスを抜く事が出来ないのですが

空気を入れすぎた段階で
奥まで入る事が出来ないので

結局ガスを抜く事が出来ません

結果中途半端な検査になってしまう事が有ります

下手くそなドクターにあたると
痛くて苦しいだけで・・・・・

どんな検査でも
経験の有るベテランの方が良いですね

私がやってもらうのならもちろん知っているうまい医者にやってもらいます
でもいつもそばにいるとは限りません
医療関係者でもなかなか名医には出会えません

反対の医者なら沢山知っているのですが・・・





これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 00:04│Comments(0)TrackBack(0)clip!腸の検査 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔