慢性盲腸と言われて


慢性盲腸と言われてその為の治療をされてきた事を書きました

結局はおそらく違って
憩室炎だったと

この慢性盲腸は本当に有るのか実に怪しいようです

盲腸は右下に有ります
ところがこれも怪しいのです

昔良く病院の職員へ解剖の本の売り込みが来る事が有りました
今ほど色々な本が自由に手に入りにくかった頃ですが

この解剖の本を売り込むおじさんの売り文句が

「みなさん心臓が体の右に有るか左に有るか知ってますか?」

新人の看護婦が「左です」と言うと(普通心臓は左に有ると言われます)

待ってましたと言う感じで

「これを見てください」といって
売りもんの解剖の本を見せるのです

そこには心臓が体のほぼ中央に有る事がわかるようになっています

心臓は体の中央の縦隔と言われる場所に有ります

ではなぜ心臓は左に有ると言われるのか?

ほぼ中央に有るのですが若干左に傾いたようになっていて
左が膨らんでいるように見えるからです

いかにみんなの知識があやふやかを強調して
その本を売り込んでいきました

まーそんな引っかけで買う人はいませんでしたが

同じように盲腸も腹部の右下に有るという事も

場合によっては怪しいのです

もちろん基本的には右下です
でも腸がゆがんで位置が変わる可能性が有る事と

俗に言われる盲腸(炎)は実は虫垂の炎症であり
この虫垂はバリエーションがすごく有るのです

その大きさも、長さも、くっついている位置も、
実にばらばらです

その為に極端な場合は右に有る長い虫垂が左に延びてそこで炎症を起こした為に
左が痛くなる事も有ります

この為にたとえ原因不明の右下腹痛が何度も繰り返す場合でも
それが盲腸の痛みなのかは実に疑問です

「慢性盲腸」この病名は教科書にも記載されているのですが、
実はこれは大腸の検査法が完成する前に定義された病気でもあり、
多くの場合は他の原因(回腸のリンパ濾胞増加症、クローン病、大腸結核、憩室炎・・・など)によるものと思われます。

慢性盲腸と診断された方はやはり一度、大腸・小腸の検査を受けるべきです。




これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 17:47│Comments(0)TrackBack(0)clip!腸の病気 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔