腸内環境は一つじゃない


腸内環境は一つじゃない

腸内のガスはほとんどが口から入ったものです
だから普通はそんなにはクサくないのですが

ほんの一部だけが腸内の細菌によって出来たガスがあります
でもニオイはその元になる成分がほんの少しでも有ると感じてしまいます

細菌によって出来たガスでも腸内の環境が良ければニオイを感じないほどですが
環境が崩れた状態の細菌が作り出すガスはすごくクサいです

でもおならがクサい時は腸内の環境が崩れている事は事実ですが

クサいおならと臭くないおならが続けてでてくることがないですか?
いちいちニオイを調べる人は少ないか(笑)
でもそうなんです

つまり腸内がすべて一体になっているのではなく
腸内の環境も部分部分で分かれていると考えられます

良く経験するのは肉類や卵を食べると腸内環境が悪化して
便やおならが臭くなる

でも食べたものが消化されて便に変わるまでは
時間がかかります
早くても12時間ぐらい3日ぐらいかかっても普通です

三食食べれば腸の環境も三種類が共存しているのです

腸内の環境は食べたものの影響を大きく受けます
いくら一部の腸内環境が良くても肉や卵を食べるとやっぱり臭いおならや便がでます

しかし腸内の環境の悪い場所で発生したガスが腸の中全体に広がるのではありません
腸は蠕動によって腸の内容物を肛門側へ押しやりますが
腸内のガスも同じように移動されています

逆に便(の元)の移動とちがってガスの移動は別行動をとる事も有ります

腸内のガスはそれが通る隙間が有ればそこを通って移動もします

飲み込んだ空気が直ぐにおならになってでて来る事も有るのです

でもそうは言ってもそれ程大きく移動することは無いです
実際に検査中に腸内にあるガスを移動させようとすると結構大変なんです

単純に立てば腸内のガスが必ず上の方に行くとは限りません

それだけ腸は複雑に曲がっていて折れ曲がっています
その折れ曲がりが腸内のガスの通り道を塞いでいたり
便が塞いでいたりします

出来るだけ腸のゆがみをとることで腸内のガスの移動もスムーズになるのです




これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 19:11│Comments(2)TrackBack(0)clip!腸内環境 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by asari   2011年07月04日 13:27
ガスが臭いだけでなく、口臭も便の臭いがします。
なんの検査をしてどういう治療をしたらいいのでしょうか。
教えていただけたらありがたいです。
2. Posted by ポムン   2011年07月04日 22:31
> ガスが臭いだけでなく、口臭も便の臭いがします。

クサいおならが腸管から吸収されて血中に入り
それが鼻の粘膜を通ることでニオイを感じるといわれています。

しかし、ニオイのもとが少しでもあると感じるので実際は服についたニオイや
おならにニオイが記憶として残っていることも多いようです。

> なんの検査をしてどういう治療をしたらいいのでしょうか。

ニオイの原因は腸内環境の悪化だと言われています。
しかし、腸内環境を直接検査する方法はありません。

結局、病院で出来ることはまずはガンなどの腸が変化している病気が無いかを調べます。
大腸ファイバー検査が一番です。

もし見つかればそれの治療をします。

見つからなければ、腸の動きを改善したり腸内環境を改善すると言われる
ビフィズス菌などを薬として処方します。

しかし、これで改善する人は少ないです。

なぜなら、原因がもっと複雑で沢山有るからです。

このサイトで紹介している【腸のゆがみ】もその1つですが
病院では全く考慮されることはありません。

詳しくは『名医が知らない腸のゆがみをとる方法 基礎編』をご覧下さいね。




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔