牛乳は腸に悪いのか?


牛乳は腸に悪いのか?

牛乳を飲むと下痢をする人が良くいます
私もそうです

現在牛乳は体に良くないことが常識になりつつあります

では何故体に良くないと言われるのでしょう

一つは人間の中にそもそも牛乳を消化できない人がいることです

その元になる物は乳糖をガラクトースとブドウ糖に分解するラクターゼと砂糖をブドウ糖及び果糖に分解するスクラーゼです

このうちラクターゼは胎生期から乳児期にはその活性が高いのですが
成長すると共にどんどん下がっていきます

そしてこのラクターゼの活性は人種による違いもあるのです
東洋人や黒人は低く、欧米人は高いのです 欧米か!

では何故このラクターゼの活性が弱くなると下痢をするのか?
それは腸内の水分は浸透圧の差によって移動して吸収されます

腸内に浸透圧を高くする小分子の物質が有ると、水は腸内から吸収されず便は水様になります
つまり下痢になりやすい
この小分子の物質の一つが乳糖です

ラクターゼが牛乳の乳糖を分解しないので腸の中に沢山残ってしまい
それで下痢になるのです

そしてこのラクターゼが生まれつき無い人もいて乳糖不耐性患者と呼ばれます
つまり赤ん坊でもミルクを飲むと下痢をしてしまうのです

そして何より牛乳はどんな動物でもせいぜい乳児の時までしか飲まない物質なんです

それを大人がしかも他の種類の動物の物を飲めば当然拒否反応を起こします

それがアレルギーです

うちの子一時鼻血が直ぐに出て止まらなくなる事がよく起こりました

そして知り合いから牛乳の疑いがあると教えられて

一切のませることを止めました
学校の給食でも飲まさない様に学校にお願いすると

なんと治りました

現在様々なアレルギーが有りますが
その様な体質にしてしまう原因が牛乳と言われています

飲んで下痢してアレルギーになる

しかも牛乳にはカルシウムが多く含まれるので
骨が強くなり身長も伸びると言われていますが

下痢をするとその他の必要な養分も出て行ってしまいます
カルシウムの吸収にはマグネシウムが必要であり

カルシウムだけを大量に摂取すると
そのカルシウムが体外に排泄されるだけでなく
もともと身体に有ったカルシウムを一緒に引き連れて
体外へ排出してしまいます

牛乳だけを大量に飲むと骨粗鬆症になることもあるのです




これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!腸と食事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔