腸が痛い


腸が痛い

お腹が痛い時は何処が痛いのでしょう?

みぞおちが痛い時は胃が痛い?

右下のお腹が痛い時は盲腸かも?

何となくそんな風に思っていませんか

実はお腹の痛みはとても複雑です
痛みの場所と原因の場所が違う事はよくあります

有名な盲腸炎でも盲腸がある右下のお腹が痛くなるとは限っていません

最初はみぞおちが痛くなって胃が悪いのかと思っていたら
段々と痛い場所が変わって最終的に右下が痛くなる事はよくあります

背中や腰が痛くなる人もいます

なぜこんなことが起こるのかといえば
実は内蔵には痛みを感じる部分がとても少ないのです

そしてその痛みの信号は一度脊椎へ送られるのですが
この時脊椎では様々な信号が集まっています

そしてその信号が混線するのです

例えば盲腸が炎症を起こした時
その信号は脊椎に行くのですが

届いた脊椎の直ぐそばに胃へ向かう信号が有ると
混線してしまって胃が痛いと勘違いするのです

その上痛みを感じる場所がまばらなので
痛みも大体この辺ぐらいにしかわからないのです

同じような事を体の他の部分で実験してみてください

痛みに対してとても敏感な場所は
例えば足の裏です
一見鈍感そうに思いますが
手のひらと同じように神経が密集していて痛点も多いのです

その証拠に靴の中にほんの小さな石ころが入っているだけでも
痛くて歩けなくなります

その逆で痛点がとても少ない場所が有ります

それは肘です

肘を思いっきりひねってみてください
ほとんど痛くないですよね

同じ力で他の部分をひねったら
とても我慢できないと思います

肘は痛点がとても少ないのでこんなことが起こるのです

同じぐらい内蔵も鈍感なのです

それだけに症状が出た時には
思いの外重症な場合があります

痛みを感じた時は
ゆっくりとお腹を押さえてみて
ひどく痛む場所がないか確かめてください

こつはゆっくりと指先の狭い範囲で押す事です

痛点がまばらなので広い範囲で押さえてもよくわからない事が多いです

また強く早く押さえると
炎症をひどくしたり症状を悪化させる可能性が有ります

必ずゆっくと行ってください

もしとても痛い場所があればその場所を注意深く観察してください
しばらくして同じように押さえてみて痛みの度合いが増してきたら

直ぐに病院へ行きましょう

重大な病変が隠れているかもしれません

逆に痛みの場所が変わったり
一時的な痛みの場合は様子を見て良いと思います

鈍感な腸は時々押さえてみて変わりがないか確認してみると良いですよ





これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 00:42│Comments(0)TrackBack(0)clip!腸の症状 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔