腸を鍛えるためには腹式呼吸を行ってください


腹式呼吸で腸を鍛えましょう

腹式呼吸は要するに横隔膜の筋肉を使った呼吸です

息を吸い込む事は実は横隔膜を動かして肺の風船が入った胸腔という空間を広げている事なのです

そうするとどうなるか?

胸腔が陰圧になって外の空気が吸い込まれます

ちょうど注射器のシリンジを引いた時と同じです

胸腔の中にある肺という風船が膨らむ事で空気が中に入ってきて呼吸が出きるのです

空気が入ってくるので肺が膨らむのでは無いのです

では息を吐き出す時はどうでしょう?

今度は胸腔を小さくする事で中の空気を押し出します
今度は横隔膜と胸の筋肉の力で中の空気を押し出すのです

この時横隔膜で仕切られた腹腔ではどうなっているのでしょう?

息を吸い込んだ時はまず横隔膜が下がってきます
胸腔は大きくなる
でも逆に腹腔は小さくなります

だから
お腹の中身の行き場がなくなります
お腹の中身の腸はお腹が膨らむ事でそこに逃げます

だから息をすうと
お腹が膨らむのです

では
腹筋が鍛えられてお腹が出ない人の腸は何処に行くのでしょう?

実は腹腔内はある程度余裕が有ります
そして腸の中には簡単に動ける腸内のガスが有りますそれが動きます

でもそれらは一番動いていきやすい場所に行きます

お腹の筋肉が緩んでいればそこに

お腹が筋肉で締まっていれば
空いている空間へ動いていきます

ヨガの達人がお腹をへこまして自由に腹筋を動かすところを見た事がないですか?

あれは腸を腹腔の空間へ自由に移動させる事が出来るから出来る事なのです

同じ事は難しいですが同じようにして
内蔵を動かす事が出来ます

方法は
お腹をリラックスさせる必要が有ります

リラックスさせるには
力を抜くか
力を入れる方法が有ります

力を抜く方が簡単なようですが
以外と力を抜く事は難しいと思います

力を入れる事でその反動で以外と力は抜けるのです

つまりお腹をリラックスさせるには
お腹に力を入れる方法が意外と簡単なのです

でも腹筋に力を入れるのは腹筋が弱っている人は難しいでしょう

そこで
無意識に腹筋に力が入るようにします

横隔膜の力を借ります
横隔膜は筋肉のかたまりなのです

横隔膜の筋肉を動かすと
腹筋にも力が入ってしまいます

そこで
腹筋を大きく素早く動かします

横隔膜を動かす為に
お腹の筋肉を動かすのです

それも素早く何度も

お腹を膨らましたり引っ込めたり

一秒に2回以上行ってください

それを出来れば100回ぐらい

それに合わせて呼吸をしてください

そうする事で腹筋が鍛えられます
中の腸もかなりり動かされ

腸を鍛える事が出来ます

お腹を動かす腹式呼吸で
横隔膜を動かす

それを素早く何度も行う事で
腸を鍛える事が出来るのです




これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 02:22│Comments(1)TrackBack(0)clip!解決方法 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by     2012年01月04日 23:54
最後の1秒に2回呼吸をしながらお腹を動かすーのとこですが、あまり早く呼吸すると過呼吸になることもありそうですね。;

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔