運動が大腸がんを予防する


運動が大腸がんを予防する

厚生労働省研究班による研究で、
男性では、身体活動量を増やすことにより大腸がん、
特に結腸がんリスクが低下する傾向がみられたそうです。

世界的には、身体活動量と結腸がんとの関連は「確実」とされているのですが、
今回の研究により、日本人でもこの関連が裏づけられたことになります。

このように身体活動量の増加が大腸がんを予防する理由としては、

・身体活動量を増加させることによる高インスリン血症や肥満の予防
・胆汁酸分泌の抑制
・免疫力の増強
・腸管蠕動の促進による便中発がん物質の腸内曝露時間短縮
・腸管粘膜中プロスタグランジンE2(がんの増殖や転移に関連)の低下
・プロスタグランジンF2α(腸管の運動に関連)の増加

などがそのメカニズムとして推察されているようです。

男性では、身体活動量の最大群で、大腸がんリスクが30%低下です。
さらに結腸がんに限ると40%低下です。
しかし直腸がんではリスクの低下は見られませんでした。

一方、女性では、男性のような傾向はみられませんでした、
身体活動量と大腸がんリスクとの関連はありません。

女性で大腸がんリスクとの関連がなかったのは、
この研究に用いられたアンケートで、家事に関する質問が不十分なため、
女性の身体活動量がうまく評価できていなかったためと推測されています。


この調査でリスクが顕著に減っている運動量は

・筋肉労働や激しいスポーツなどの身体活動をしている
・歩いたり立ったりしている時間が1日3時間以上

結構な運動量ですねしかし結腸ではリスクが40%も低下するのですから
見逃せない情報ですね。

一日中歩き回る営業マンはガンになりにくい?
がんばるサラリーマンにはちょっとした恩恵ですね。





これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔