腸内のガスが見えるエックス線写真


腸内のガスが見えるエックス線写真

お腹が痛いのでお腹のX線写真を撮った患者の多くが便秘の状態です

お腹のX線写真では主にお腹のガスがよく見えます

便秘の状態のガスは立って撮ると当然上に集まります

もし腸の中身が何もない時(検査のために絶食している等)ガスは主に上の腸に溜まります

しかし腸の中が便秘でいっぱいになっているとそれによってガスが上まで行きません
便と混ざったようになってX線写真上では細かい泡の様に写ったり、便の固まりにガスが押さえられて所々にガスの固まりが点在します

そしてひどい場合は固まりになった便がごろごろと見えることもあります
(普通はX線写真では便ははっきりとしません固まりが大きくなると見えるのです)

そして便によって押しやられたガスはそれ自体が固まりになって腸や他の臓器に影響を与えるのです

お腹の中のガスはその7割は口から飲み込んだ空気です
食事と一緒に飲み込まれたものや無意識に飲み込んでいるものも多いのです
特にストレスで空気を飲み込んでしまう人が良くいます
そんな人はガスでお腹が張って苦しいと訴えるのですが実は自分自身で原因を作っている事もあるのです

残りの3割程度のガスが腸の中の細菌によって作られるものです
又極一部のガスは腸の血管の中から血液中のガスが腸内に出てくることもあるようです

口から入ったガスは腸の動きによって順番に肛門側へ押しやられていきます

その時便が詰まっていると行き場が無くなって腸内でガスの固まりになります
しかし完全に詰まっていることは無いので少しずつ隙間から出ていきます
そして又次の場所でガスの固まりになる

これがX線写真上ではいくつかのがスの固まりになって見えるのです

当然溜まっている時には腸を中から圧迫するようになるので
お腹がふくらんだりお腹が張って気持ち悪い、時には痛みを伴うようになります

ひどい時は便が固まってしまいガスもまったく動かなくなります
こうなると手術になることもあります

便秘は解消しなければいけない腸の最大の症状です

腸のゆがみをとることでかなりの便秘状態が改善されてきます
是非とも試してみてください







これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 00:16│Comments(0)TrackBack(0)clip!腸の検査 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔