アスピリンで大腸癌が少ないのは本当か?


アスピリンを飲んでいる人はで大腸癌が少ないのです

アスピリンを頭痛のために飲む人は良くいます
佐野元春の昔の歌でアメリカ人がアスピリンを飲むことがかっこよく歌われていました
アメリカ人は頭痛持ちが多いらしくてその薬としてアスピリンが常用されているようです
そしてアスピリンを常用している人にある特徴があったのです

それは大腸癌が少ないこと

なんとアスピリンを常用している人を調べると大腸癌が少ないことが判り
動物実験を行うと確かに腫瘍性病変の抑制が確認されました

なぜその様な効果があるのでしょうか?
アスピリンはプロスタグランジ合成酵素であるシクロオキシゲナーゼの活性を阻害することで解熱や鎮痛炎症等に効果を示します
このシクロオキシゲナーゼは大腸癌と関係がありガン細胞の増殖に作用していると考えられています
これをアスピリンが抑制することで大腸癌の発生を抑制すると考えられるそうです

要するに大腸癌の元を増やす役目のやつをアスピリンが抑えるようです

アスピリンはその他にも循環器や脳外科で血栓予防薬として頻繁に使われています

だから注意しなければいけない事が出血しやすい事
血が止まりにくくなる事です

薬として使われているものには保険で決められた薬効があります
それ以外では処方してはいけないのですが

この様に薬が別の効果があることが後から判ることも多くあります

ところが保険上の薬効に載せるには非常な手間と時間がかかるので
内緒で使うこともあるのです

薬によっては本来悪いものとして言われる薬の副作用を利用することで
他の病気を治すことも行われます

これはもし事故になると問題にされるのでしょうが
保険上の手続きがとても時間がかかるので
考えなければいけない問題です

超薬アスピリン
(スーパードラッグへの道)
平澤 正夫






これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔