病気にならないための『大腸の健康法』


大腸の健康法



著者の松生恒夫医師は腸の専門家として様々な療法に取り組んでいます
また松生恒夫医師はあの新谷弘実医師の方法を学んでいるようです
著書も多数ありますが最新の話題を集めた本書は今の大腸検査の情報を得る為にとても良い本です


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

ストレス社会は、やっぱり大腸に表れる。
便秘、過敏性腸症候群、大腸ポリープ、そして死因として上昇を続ける大腸癌…。
病気にならないため、そしてなにより日々快適な気分ですごすため、いま大腸の健康が強くもとめられている。
ストレス腸からリラックス腸へ!理想の大腸をつくるノウハウのすべて。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 大腸は語る/第2章 砂漠化する現代人の大腸/第3章 日本人の大腸の歴史/
第4章 便秘と腸内リセット/第5章 過敏性腸症候群/第6章 大腸ポリープと言われたら/
第7章 大腸癌/第8章 食養腸という考え方

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

松生恒夫(マツイケツネオ)
1955年東京生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。
松島病院大腸肛門病センター診療部長などを経て、松生クリニック院長。
医学博士。大腸内視鏡検査、炎症性腸疾患の診断と治療、地中海式食生活の指導、
消化器疾患の漢方療法、音楽療法などに取り組む
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)








これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 10:04│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔