宿便


宿便という言葉でよく言われるのは
下剤や浣腸をしても腸の壁にこびりついた古い便があってそれらは簡単には出てこない
との説明である

水道管などが古くなるとさび付いて固まっていたり
心筋梗塞や脳梗塞をおこした血管の壁が狭くなっている

そんなイメージで語られているようです

しかし実際に大腸ファイバー検査で直接、腸の壁を見てもキレイに前処置が出来ていれば
そのような壁に便がこびりついている状態は見ることが出来ません

たしかに便が残っている人はいますが
検査中に水をかければ直ぐに流れてしまうので
たまたま前処置が足りずに残っていただけでしょう

憩室炎という状態では便が流れずに残っていることはあります
憩室炎とは腸の壁が何らかの原因で外にふくらんで小さな小部屋が出来ている状態です
その小さな空間に便が溜まると中で固まってしまい出てこなくなることはあります

しかしこの状態は俗に言う宿便ではないでしょう

では宿便はないのでしょうか?

プチ絶食(数日だけの短い手軽な絶食治療)を行うと
食べていないにもかかわらず結構大量に黒い便が出ることがあります
これを見て腸の壁にこびりついていた汚い黒い便が出たと
説明を受けます

しかし上記のように腸の壁に便がこびりつくことはなく
この黒い便はこびりついた便ではありません

ではなぜ絶食をするとこの様な黒い便が出るのでしょう

それは多分絶食によって腸が働くことを辞めて
腸壁が剥がれ落ちたからだと思われます

剥がれ落ちた時に多少の出血がありその為に便が黒く見えているでしょう

プチ絶食をすると調子が良くなるのはこの様に腸がリセットされるからかも知れません
しかし腸の壁が剥がれ落ちてとても敏感な状態になっています
ゆっくりとリカバリーをしなければ腸を痛めることになります

下痢の時には絶食をして内臓を休めないさという治療があります
しかしこの時も腸の壁は剥がれ落ちてその回復には数日かかると言われています

一日絶食をして調子が良くなったので一気に元の食事をすることは腸に相当の負担をかけます

下痢の時も出来るだけものを食べた方が治りが早いです
ただし消化が良く刺激のないものがよいです
お粥も良いですが作るのがめんどくさいですね
最近ではレトルトもありますが
お粥は消化にはよいが栄養が足りません

一番のおすすめは
最近よくあるゼリー状の食品です
ある程度の栄養も含まれているし
ジュースなどと違ってある程度固形分があるので
腸のためには優しい食べ物になります

最近では夏場に老人が脱水症状にならないように
栄養と水分と固形分を取れる理想的な食品です




これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 01:29│Comments(0)TrackBack(0)clip!関連症状 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔