腸のゆがみの慢性症状と急性症状


腸のゆがみの慢性症状と急性症状

慢性と急性を分ける目安は症状が概ね2週間を過ぎても収まらない時は慢性として判断します
それ以内に症状が無くなれば急性です

慢性症状と言えば便秘で
急性症状と言えば下痢の様な印象がありますが

便秘にも慢性的な便秘と急性の便秘があります
もちろん下痢にも慢性と急性があります

急性の下痢は大抵は感染によるものが多いのですが
腸のゆがみが原因の下痢は刺激によるものが多いです
腸のゆがみのために体を動かすだけで腸が刺激されてしまい
必要でない時に便意がおこり
そしてそれがきっかけで過敏性大腸炎のように我慢できないような下痢になってしまいます

そしてその様な状態は腸のゆがみが取れない限り続きますので
結局慢性状態と同じです

下痢は便の中に水分が多すぎる状態であり
しかし排便回数が1日に3回ぐらいは正常範囲です

一方急性の便秘とは大抵精神的な原因なことが多くストレスや旅行など環境が変わることによって起こることがあります
また便意があっても直ぐに行くことが出来ずに我慢してしまい便意に反応することが出来なくなっても起こります

腸のゆがみによって起こる便秘は腸が折れ曲がってしまい便が通過しにくくなってそこに留まっている内に水分が吸収されてしまうために便の固まりになってしまいそれがセンするようになって便秘となります


慢性の便秘にまず良く行われるのが薬を飲む事です


しかし薬剤の適応用量は個人差があり,少量より漸増しながら適量を決める必要が有ります
また,緩下剤は長期乱用による種々の消化器症状,腎,電解質異常などの便秘薬中毒や,妊婦への投与に十分注意が必要です.

 一般に弛緩性便秘(常習性便秘)は膨張性下剤,刺激性下剤がよく,
けいれん性便秘には塩類下剤,膨張性下剤,浸潤性下剤のような刺激のないものがよいと言われています.








これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 23:01│Comments(0)TrackBack(0)clip!腸の症状 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔