お腹がぽっこりするのは腸のゆがみのせい


腸のゆがみでお腹がぽっこりする

お腹がぽっこりと出ている人がいます
特に下腹部がぽこっとでっぱている人を多く見かけます

一つはお腹の脂肪が原因です
お腹付近に皮下脂肪がたまってそれが出っ張って見えるのです

もう一つは腸の中に便がたまった状態
つまりは便秘です

これは便のたまっている場所によって
お腹の出っ張りが違いますが
やはり出口付近である
S状結腸あたり(下腹部の左あたり)が一番多いでしょう

でも便によるおなかぽっこりはあまりありません
どちらかといえばお腹全体が出っ張って見えて
ぽっこりという感じにはなりません

お腹ぽっこりになる一番の原因は

腸のゆがみによって腸が下腹部に下がって塊になってしまう事です

お腹ぽっこりの中身は腸自身です
中にはそれにプラスして胃まで下がっている人もいます

腸と胃のダブルで下腹部に塊が出来るのです
食事をした後に直ぐに下腹部がぽっこりする人は
この可能性が高いです
胃が食べ物で膨らんでぽっこりさせているのです

このタイプは胃の中身が消化されるとぽっこりが消えてしまいます

ダブルでなくても腸のゆがみだけでも
ぽっこりになります

このタイプの人はいつでもお腹ぽっこりです

この腸の塊はおなかをぽっこりさせるだけでなく
下腹部の腸を圧迫します
そして腸の通過を悪くします

そのために今度はそこにガスが溜まってきます
これも第二のお腹ぽっこりの原因です

食事をして直ぐは胃の辺りがはっているぐらいで
出っ張るほどではないけれど

しばらくして気がつくと
下腹部がぽっこりと出てきている

これが詰まった腸にたまってきたガスかもしれません

しかも便秘がちな人とくに起こります

腸のゆがみが原因で起こっているかもしれません





これはおもしろい
直ぐに効果を実感できます
【特別テキスト無料配信中】
NEW【腸のゆがみ解消法(基礎編)】





pomun at 11:34│Comments(0)TrackBack(0)clip!腸の症状 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔